2013年04月29日

購入録(2013.04.29)

加藤実秋 インディゴの夜 集英社文庫 ¥651

創元推理文庫から集英社文庫に移籍した作品。
新装版はどうでもいいんだけど書き下ろし目当てで購入。
本来ならば,こういうのは好きじゃないんだけどね。
新刊は集英社から刊行されるということかなあ。
大好きな作品なので続きを期待しています。
でも,やっぱり釈然としないものを感じたり。

〈2013年書籍購入覚書〉 計44冊 ¥44,240
posted by 森山 樹 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月26日

購入録(2013.04.26)

菊地秀行・他 ダンウィッチの末裔 創土社 ¥1,785
西崎憲 世界の果ての庭 創元SF文庫 ¥693

『ダンウィッチの末裔』はクトゥルフ神話アンソロジー。
ゲームブック作品も収録されているのが面白い。
その名のとおり「ダンウィッチの怪」へのオマージュ作品の様です。
創土社のクトゥルフ神話シリーズも結構いい感じで刊行するよね。
『世界の果ての庭』は店頭で目にとまった作品。
なかなか面白そうな雰囲気が漂います。
自分好みの物語だと嬉しいなあ。

〈2013年書籍購入覚書〉 計43冊 ¥43,589

posted by 森山 樹 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月24日

購入録(2013.04.24)

高田崇史 軍神の血脈 講談社 ¥1,470

高田崇史の歴史ミステリィ。
〈QED〉や〈カンナ〉の登場人物は出ないのかな。
題材は楠正成となっています。
幼い日に太平記に親しんだ身には馴染み深い人物。
楠正成の謎を如何に解き明かすか楽しみです。

〈2013年書籍購入覚書〉 計41冊 ¥41,111

posted by 森山 樹 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月23日

購入録(2013.04.23)

バルドウィン・グロラー 探偵ダゴベルトの功績と冒険 創元推理文庫 ¥1,155

20世紀初頭のウィーンを舞台としたミステリィ短篇集。
作者はオーストリアのコナン・ドイルと称せられるみたいですね。
この時代のミステリィは好みなので楽しみ。
ハプスブルク朝末期のウィーンって魅力的だよね。
問題は仕事が忙しくて読書出来てないってことだ。
ゴールデンウィークに何とか読みたいものですが。

〈2013年書籍購入覚書〉 計40冊 ¥39,741
posted by 森山 樹 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月21日

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖(4)』

〈2013年読書感想6冊目〉

 鎌倉を舞台とした古書ミステリィの第4作目。これまでとは趣を変えて,短篇集ではなく長篇という形式をとっています。表紙絵の栞子さんはやはり魅力的。最近までTVドラマが放映されていたようですが,あまり芳しい評判は聞きませんでした。尤も,TVドラマ版の悪評は原作小説の評価とは何ら関係ありません。此方は此方でこれまで通りの雰囲気を保って欲しいと思います。

続きを読む
タグ:三上延
posted by 森山 樹 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2013年04月15日

2013年5月書籍購入予定

05.08 吉田篤弘 圏外へ 小学館文庫
05.10 M.K.ホブスン エミリーと手のひらの魔石 ハヤカワ文庫FT
05.10 リース・ボウエン 英国王妃の事件ファイル(1) 原書房コージーブックス
05.15 堀川アサコ 幻想映画館 講談社文庫
05.15 三津田信三 水魅の如き沈むもの 講談社文庫
05.21 サックス・ローマー 骨董屋探偵の事件簿 創元推理文庫
05.21 マーセデス・ラッキー 黒き鷲獅子(上) 創元推理文庫
05.21 マーセデス・ラッキー 黒き鷲獅子(下) 創元推理文庫
05.30 ロバート.E.ハワード 龍の刻 創元推理文庫
05.31 コリン・ウィルソン クトゥルフへの招待 扶桑社ミステリ

まあ,こんなものかなあという一か月。
『龍の刻』は〈コナン〉シリーズ。
一時期刊行が止まっていましたが再始動ということかな。
いずれにせよ,めでたくはあります。
『水魅の如き沈むもの』は確か読んでいない筈。
『クトゥルフへの招待』はオムニバス短篇ですかね。
いろいろ忙しいのですが少しでも読書を進めたいところです。
posted by 森山 樹 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2013年04月13日

購入録(2013.04.13)

アランナ・ナイト 蒸気機関車と血染めの外套 創元推理文庫 ¥966
ケネス・オッペル フランケンシュタイン家の双子 創元推理文庫 ¥1,155

『蒸気機関車と血染めの外套』は〈ファロ警部〉シリーズの第3作目。
前作のあの終わりから直接続くわけではないのね。
勿論,あの出来事自体はファロ警部に暗い影を落とすことでしょうが。
なるべく早めに読みたいものです。
『フランケンシュタイン家の双子』は『フランケンシュタイン』の前日譚。
メアリ・シェリーの原作はだいぶん昔に読んだきりだなあ。

〈2013年書籍購入覚書〉 計39冊 ¥38,586
posted by 森山 樹 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月11日

購入録(2013.04.11)

ベン・アーロノヴィッチ 女王陛下の魔術師 ハヤカワ文庫FT ¥1,050
ユッシ・エーズラ・オールスン 特捜部Q−キジ殺し− ハヤカワ文庫HM ¥1,092

ハヤカワ文庫の新刊発売日。
『女王陛下の魔術師』は〈ロンドン警視庁特殊犯罪課〉の第1作目。
悪霊や吸血鬼などが絡む特殊犯罪を描くファンタジィ系ミステリィかな。
設定自体はありきたりなので問題は物語の面白さ。
現在は第3作目まで刊行されているようです。
楽しみは楽しみかなあ。
『特捜部Q−キジ殺し−』は北欧警察ミステリィ。
最近,妙に翻訳が多い分野の作品ですね。
此方もなかなか期待出来そうな感じがします。
先ずは第1作目を読まないとだけどね。

〈2013年書籍購入覚書〉 計37冊 ¥36,465
posted by 森山 樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月09日

購入録(2013.04.09)

くしまちみなと 緋の水鏡(上) 創芸社クリア文庫 ¥630
くしまちみなと 緋の水鏡(下) 創芸社クリア文庫 ¥630

普段はあまり買わない所謂ライトノベルを購入。
創芸社クリア文庫なんて初めて知ったレーベルです。
最近は数が増えすぎてよく分からないなあ。
一応和風クトゥルー神話小説とのこと。
過度の期待は禁物ですが試しに読んでみたいと思います。

〈2013年書籍購入覚書〉 計35冊 ¥34,323
posted by 森山 樹 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月05日

購入録(2013.04.05)

朝松健 崑央の女王 創土社 ¥1,050
近藤史恵 モップの精と二匹のアルマジロ 実業之日本社文庫 ¥630
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ ハウルの動く城(2)アブダラと空飛ぶ絨毯 徳間文庫 ¥650

『崑央の女王』は角川ホラー文庫からの復刊。
創土社の〈The Cthulhu Mythos Files〉は順調に刊行されています。
次は「ダンウィッチの怪」のオマージュ作品集の模様。
此方も楽しみでなりません。
『モップの精と二匹のアルマジロ』は〈キリコ〉シリーズ初の長篇。
今年の5月にはテレビドラマ化されるみたいですね。
まあ,見ないだろうけれど。
因みに主人公キリコ役は北乃きいさんとのこと。
イメージ的にはどうなんだろうなあ。

〈2013年書籍購入覚書〉 計33冊 ¥33,063
posted by 森山 樹 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年04月03日

2013年3月読書記録

多少余裕があったせいか,読書量は回復気味。
新しい年度を迎えて一気に読書を加速させたいものです。
仕事がやや忙しくなりつつあるのが問題ですが。
読書感想も含めて再始動しようと思っています。
読みたい本は山のようにあるんだからさ。

2013年3月に読んだ本は以下の通り。
東直己『探偵は吹雪の果てに』
朝松健『邪神帝国』
高井忍『本能寺遊戯』
東直己『駆けてきた少女』
笹本祐一『星のパイロット』

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2013年04月02日

購入録(2013.04.02)

小川一水 コロロギ岳から木星トロヤへ ハヤカワ文庫JA ¥630

この印象的な題名に心が引き寄せられました。
表紙も自分好みでいい感じ。
問題は内容次第ですけれど。
最近は読書欲が高まっているので調子を持続したいもの。
仕事が忙しくなりつつあるのが問題だなあ。
ある程度の冊数は読みたいものであります。

〈2013年書籍購入覚書〉 計30冊 ¥30,733
posted by 森山 樹 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録