2013年05月28日

朝松健『邪神帝国』

〈2013年読書感想8冊目〉

 創土社から復刊されたクトゥルー神話中短篇集。表紙からも分かるようにナチス・ドイツとクトゥルー神話とを絡めた物語が織り成されます。元々,ナチス・ドイツの指導者層は超自然に傾倒した人物が多いのでこの手の邪神神話群と相性は頗る良いのですよね。〈The Cthulhu Mythos Files〉は順調に作品が刊行されているレーベルなので今後も期待をしたいところです。

続きを読む
タグ:朝松健
posted by 森山 樹 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想