2014年01月31日

田中芳樹『タイタニア(4)烈風篇』

〈2013年読書感想32冊目〉
田中芳樹『タイタニア(4)烈風篇』


 二十数年ぶりに刊行された宇宙歴史小説『タイタニア』の第4巻です。まさか,本当に新刊を読める日が来るとは思ってもいませんでした。それだけでも十分に感激ものですが,長い間隙を経ても内容の面白さがいささかも損なわれていないのが実に素晴らしい。物語は中盤を超えて終局へと向かいつつありますが,如何なる帰結を得るのか全く予想出来ません。ジュスラン&アリアバートVSイドリスの図式を取ったタイタニア一族内での抗争はジュスラン&アリアバート側の勝利ということになりましたが,藩王アジュマーンの悪魔的な策謀によってアリアバートが呆気なく横死させられるというのは流石に急展開に思えます。「皆殺しの田中」が高らかに再臨を告げたということになりましょうか。今後の焦点は残されたジュスランが如何に藩王アジュマーンに対峙するのかということ。また,アリアバートに完敗したイドリスがこのまま終わるわけはないでしょう。特に愛する弟ゼルファをアリアバート暗殺の実行犯とした藩王アジュマーンへの敵意を剥き出しにする筈。そして,今巻ではハシュトバル星域の戦闘においてアリアバートの指揮の前に惨敗を喫したファン・ヒューリック率いる流星旗軍がこの事態に如何なる役割を果たすのかも楽しみです。或いは未だ見えぬ藩王アジュマーンの真意も気になるところ。テオドーラもまだまだ胡乱な存在であります。此処に来て俄然存在感を見せ始めたジュスランの侍女フランシアの立ち位置も興味深い。問題は恐らく最終巻となるであろう第5巻の刊行が何時になるのかということ。ただ,それに尽きます。その日が限りなく近い未来であることを願ってやみません。
タグ:田中芳樹
posted by 森山 樹 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

購入録(2014.01.31)

水野良 ロードス島戦記(6)ロードスの聖騎士(上) 角川スニーカー文庫 ¥651
水野良 ロードス島戦記(7)ロードスの聖騎士(下) 角川スニーカー文庫 ¥693
松村進吉/他 ユゴスの囁き 創土社 ¥1,575

新装版〈ロードス島戦記〉はこれにて完結。
〈ロードス島伝説〉や〈新ロードス島戦記〉の新装版も期待しています。
是非とも刊行してほしいもの。
『黒衣の騎士』や『ハイエルフの森』も久々に読みたいですね。
フォーセリアを舞台とする物語はやはり自分の故郷のひとつであります。
『ユゴスの囁き』は〈Cthulhu Mythos Files〉の新刊。
順調に刊行されていますが,読書が追い着いていません。
早めにたまっている既刊分を読んでいきたいものです。

〈2014年書籍購入覚書〉 計19冊

posted by 森山 樹 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月29日

購入録(2014.01.29)

茅田砂胡 レディ・ガンナーの冒険 角川文庫 ¥630
峰守ひろかず 絶対城先輩の妖怪学講座 メディアワークス文庫 ¥620
峰守ひろかず 絶対城先輩の妖怪学講座(2) メディアワークス文庫 ¥620
峰守ひろかず 絶対城先輩の妖怪学講座(3) メディアワークス文庫 ¥620
エドワード.D.ホック サイモン・アークの事件簿(5) 創元推理文庫 ¥1,155
ジョゼフ・ディレイニー 魔使いの呪い 創元推理文庫 ¥1,008
ジョゼフ・ディレイニー 魔使いの秘密 創元推理文庫 ¥1,008

ちょっとまとめ買い。
インフルエンザの為に自宅療養中なので読書が進みます。
いいことなのか悪いことなのかは微妙だけれども。
『レディ・ガンナーの冒険』は表紙買い。
銃士少女という設定には燃えるものがありますね。
〈絶対城先輩〉シリーズはお勧めされたので購入してみました。
妖怪が題材と言うことなので相性は悪くない筈。
『サイモン・アークの事件簿』は待望の第5巻。
なお,この巻で一区切りとのこと。
いつか残りの作品の邦訳も望みたいものであります。
〈魔使い〉は順調に刊行されますね。
単行本は外伝を含めて10作品あるらしいので早めに読みたいものです。

〈2014年書籍購入覚書〉 計16冊
posted by 森山 樹 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月26日

森晶麿『黒猫の接吻あるいは最終講義』

〈2013年読書感想31冊目〉
森晶麿『黒猫の接吻あるいは最終講義』


 〈黒猫〉シリーズの第二作目。初の長篇作品でもあります。前作同様にエドガー・アラン・ポオの作品に彩られた美学に溢れる雰囲気が非常に好み。端正で美しいミステリィであると同時に黒猫と付き人の距離感が微笑ましくも切ない恋物語となっております。殊に題名通りに黒猫がパリに赴任することが明かされる最終講義以降の付き人の心の乱されようがたまらなく素敵です。所謂,恋物語は本来得手とするところではありませんが,この黒猫と付き人のふたりの関係には思わず引き込まれてしまいます。ふたりの距離感があまりにも絶妙ということなのでありましょう。また,今作では黒猫の過去或いは親しい人々が物語に絡んでくるというのも大きい。自分の知らない黒猫の姿に当惑する付き人の姿が完全に恋する乙女になっています。なお,今作で取り上げられるポオの作品は『大鴉』『ベレニス』『リジイア』など。『大鴉』しか触れていないのはやはり残念であります。ミステリィとしての謎解きは意外性はないけれど過不足なくまとまった感じです。黒猫と付き人のもどかしい関係は,それでも少しずつふたりの望む形で近づきつつあるのが嬉しい。遠く離れることで或いは変化が生じるかもしれませんが,いつか必ず結ばれる日が来ると願いたくなる作品であります。付き人が自信を持てないだけで黒猫の意思表示はかなり明確だとも思いますけれどね。

 余談。相変わらず,丹地陽子による表紙絵が秀逸。この表紙絵だけで思わず頬が緩むものを感じます。紫のドレスに身をまとった付き人があまりにも美しいのですよね。
タグ:森晶麿
posted by 森山 樹 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年01月24日

購入録(2014.01.24)

三上延 ビブリア古書堂の事件手帖 (5) メディアワークス文庫 ¥600

久々に刊行される『ビブリア古書堂の事件手帖』の最新刊。
相変わらず,表紙の栞子さんが素敵でありますね。
今回も古書の世界を舞台とした3編の物語が収録されている模様。
シリーズも終盤ということなので大きな動きもありそう。
早速読書に取り掛かりたいと思います。

〈2014年書籍購入覚書〉 計9冊
posted by 森山 樹 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月19日

購入録(2014.01.19)

P.G.ウッドハウス よりぬきウッドハウス(1) 国書刊行会 ¥2,310
森晶麿 名無しの蝶は,まだ酔わない 角川書店 ¥1,575

『よりぬきウッドハウス』はP.G.ウッドハウスの短篇集。
ウッドハウスは結構好きな作家なので楽しみ。
それほど数を読んでいるわけではないのだけどね。
しかし,題名は何とかならなかったのだろうか。
『名無しの蝶は,まだ酔わない』は森晶麿のミステリィ。
〈黒猫〉シリーズの作者なので期待しています。

〈2014年書籍購入覚書〉 計8冊

posted by 森山 樹 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月18日

吉田篤弘『つむじ風食堂と僕』

〈2013年読書感想30冊目〉
吉田篤弘『つむじ風食堂と僕』


 〈月舟町〉三部作の番外篇。『それからはスープのことばかり考えて暮らした』のリツ君が『つむじ風食堂の夜』の舞台であるつむじ風食堂で出逢った人々との物語が描かれます。題材としては“仕事”ということになるのかな。大人びた視点の持ち主であるリツ君が“仕事”に対する大人たちの考え方に想いを巡らす姿が実に良い。如何にも〈月舟町〉三部作らしい何処か魔法をかけられたような雰囲気は健在であります。リツ君たちと一緒につむじ風食堂で歓談をしたい気分になります。何よりも第二章「宇宙人」でリツ君に代わる代わる自分の仕事の面白さややりがいを説明する大人たちの姿が実によいのですよね。中には勿論やりたくない仕事をしている人も混ざっていますが,それもまたひとつの意見でありましょう。リツ君の目を通すと仕事をするということが奇跡的に素晴らしいことに思えてくるのが不思議であります。これもまた〈月舟町〉の魔法と言うべきなのかもしれません。第三章「百円玉」ではリツ君と父,オーリィさん,マダムとの会話が実に楽しい。リツ君の哲学的な思考は物事の核心を突いているような気がするのが素晴らしい。いずれにせよ,如何にも〈月舟町〉らしい作品でありました。早く三部作の第三作目も読みたいものであります。
タグ:吉田篤弘
posted by 森山 樹 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2014年01月16日

2013年のベスト

2013年に読んだ本の中で特に印象に残った作品を5冊選んでみました。
なお,序列は付ける気はありません。


森晶麿『黒猫の遊歩あるいは美学講義』
『黒猫の遊歩あるいは美学講義』は〈黒猫〉シリーズの代表ということで選出。
黒猫と付き人の距離感がもどかしい素敵なミステリィ短篇集です。
ある意味で2013年最大の収穫といっても過言でないように思われます。
個人的には長篇よりも短篇のほうが好みかなあ。


田中芳樹『タイタニア(4)』
『タイタニア(4)』は二十数年ぶりの新刊刊行で,それだけで嬉しい。
内容も十分に面白いものでありました。
過去のあらすじを相当覚えていた自分を褒めてあげたいもの。
高らかに再臨を告げた“皆殺しの”田中芳樹が如何なる帰結を見せるのか楽しみです。


神林長平『敵は海賊・海賊の敵』
『敵は海賊・海賊の敵』はラテルとアプロのやり取りだけでたまらない。
今後に繋がりそうな人物の登場にも期待をさせます。
主人公は完全にヨウメイだったような気もしますけれどね。


ピーター・トレメイン『サクソンの司教冠』
〈修道女フィデルマ〉シリーズの長篇。
海外作品の代表として選んでみました。
このシリーズも安定した面白さが光りますね。
全く外れというものがありません。


朝松健『邪神帝国』
『邪神帝国』は創土社の〈Cthulhu Mythos Files〉を代表する一冊。
ナチス・ドイツとクトゥルー神話の危険な融合がたまらなく好みであります。 
創土社の意欲的な復刊と新刊刊行に感謝を。
2014年も楽しみな叢書となりそうであります。
posted by 森山 樹 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2014年01月15日

購入録(2014.01.15)

小前亮 朱元璋 講談社文庫
堀川アサコ 幻想日記店 講談社文庫 ¥641

ここのところ,PCの調子が悪くて更新が滞っています。
新年から幸先があまり良くないですね。
PCの買い替えも検討しないといけません。

『朱元璋』は中国は明の太祖を描いた歴史小説。
意外に扱われない時代の作品なので楽しみ。
『幻想日記店』は堀川アサコの〈幻想〉シリーズ第三作目。
堀川アサコは〈たましくる〉の新作も書いて欲しいです。
あの陰鬱な雰囲気は素直に好みなのだけどなあ。

〈2014年書籍購入覚書〉 計6冊
posted by 森山 樹 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月11日

2013年の反省と2014年の抱負

 購入数は146冊。前年よりも27冊の減少。読書数は46冊。此方は14冊の増加。前年よりも読書数は増えているけれども,最低限の目標に掲げた50冊には及びませんでした。相変わらず,外出先での読書が主体となっています。また,せっかく導入したkindleも殆ど活用していません。やはり電子書籍そのものにまだ馴染めていないのですよね。世間的にはかなり浸透してきた印象はあるので再度挑戦してみたいと思います。保管を目的としない本ならば電子書籍のほうが場所を取らない分,便利に決まっているのですから。

 少ない読書数から敢えて傾向を分析するならば,今まで以上に再読が多い一年であったように思います。〈アルスラーン戦記〉や〈ロードス島戦記〉,〈インディゴの夜〉など復刊に合わせて再読を試みた印象。面白いのは分かっているので安心感があるのかなという気がします。46冊のうち再読は11冊。約1/4を占めている計算ですね。ある意味で保守的になっているという自覚はあるので,2014年はもっと新しい作品に目を向けたいところであります。なお,海外作品の読了は全部で8冊。此方も少ない。殆どがミステリィ作品ですね。ファンタジィへの回帰も積極的に行いたいものであります。

 特筆すべきは二十数年ぶりに新刊が刊行された〈タイタニア〉。その長きにわたる沈黙にも関わらず,第4巻はすこぶる面白いものでありました。全5巻が予告されておりますので,早く完結させて欲しいものであります。この後は〈アルスラーン戦記〉の執筆に着手するらしいのですけれども。また,栗本薫の逝去に伴い未完となっていた〈グイン・サーガ〉が五代ゆうと宵野ゆめによって続きが書き綴られることになりました。これは素直に歓迎したいものです。早速,刊行された正伝の2冊は期待通りの作品でありました。如何なる展開を迎えるかは定かではありませんが,今後を大いに楽しみにしたいと思います。

 2014年の目標は引き続き読書を量と質の両面から向上させることであります。最低限の目標としては一カ月に5冊程度は読みたいもの。可能ならば年間を通じて100冊読むことを念頭に置きたいと思います。また,それに付随して読書感想を即時更新することも心掛けていきます。感想を書くことで自分の中に作品を昇華させていきたいのですよね。2013年の読書感想の残りも順次掲載する予定です。暫くは同時並行的な更新となるかもしれません。毎年のことではありますが,素敵な本と数多く出逢える一年であって欲しいものであります。

 追記。今年から新たな試みとして「2013年のベスト」的な記事を書こうと思います。此方も近日中に。序列をつけるのは好みではありませんので,印象に残った作品を並列的に取り上げる形になるでしょう。
posted by 森山 樹 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

購入録(2014.01.11)

キャサリン・M・ヴァレンテ 影の妖精国で宴をひらいた少女 ハヤカワ文庫FT ¥861

『宝石の筏で妖精国を旅した少女』の続編。
まあ,前作もまだ読んではいないのですけれども。
雰囲気としては『不思議の国のアリス』っぽいみたいですね。
世界観はかなり好みっぽいので早めに読みたいところではあります。

〈2014年書籍購入覚書〉 計4冊

posted by 森山 樹 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月08日

購入録(2014.01.08)

梶尾真治 さすらいエマノン 徳間文庫 ¥662

〈エマノン〉シリーズの新装版第2巻。
『おもいでエマノン』は正月中に読むつもりだったのだけどな。
何とか早めに着手しようと思います。
シリーズものは積んでしまうと後が辛いですからね。

〈2014年書籍購入覚書〉 計3冊 
posted by 森山 樹 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年01月07日

2013年下半期回顧録

購入数は86冊で,読了数は29冊。
上半期よりも読了数が増えたのは僥倖。
ほぼ月に4冊以上は読んでいたことになります。
尤も,引き続き再読が多かったのも特徴的。
完全な新規読書は21冊ということになるのかな。
翻訳ものも殆ど読めていませんね。
割合に軽めの作品を読んでいた印象が強いです。

特筆すべきは二十数年ぶりに刊行された『タイタニア』の第4巻。
前巻までの内容を意外に記憶しているのが面白かった。
最終巻に向けて盛り上がっているだけに早期の刊行を期待します。
五代ゆうと宵野ゆめによる〈グイン・サーガ〉正伝再開も嬉しい。
共にかなり衝撃的な幕開けとなっています。
此方も早く続きを読みたいものであります。
森晶麿の〈黒猫〉シリーズとの出逢いも大きな出来事でありました。
ここ最近に読んだミステリィの中では一番好みの作品と言えます,
黒猫と付き人の仄かな恋愛感情の行く末が大いに気になるところ。
更なる続篇を期待せずにはいられません。

下半期は20冊の感想を書くことが出来ました。
上半期の8冊に比べれば,かなり頑張ったように思います。
積み残し分も2014年の読書感想と平行して書くつもり。
今後は更に質量ともに充実した感想を書きたいものであります。
posted by 森山 樹 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2014年01月06日

2014年2月書籍購入予定

02.01 水野良 ロードス島戦記(6)ロードスの聖騎士(上) 角川文庫
02.01 水野良 ロードス島戦記(7)ロードスの聖騎士(下) 角川文庫
02.06 永井紗耶子 帝都東京華族少女 幻冬舎文庫
02.07 梶尾真治 まろうどエマノン 徳間文庫
02.07 野尻抱介 ロケットガール(2) ハヤカワ文庫JA
02.11 エヴァンジェリン・ウォルトン アンヌウヴンの大公 創元推理文庫
02.25 恩田陸 夢違 角川文庫
02.25 友野詳 クレイとフィンと夢見た手紙(2) MF文庫J
02.27 田中啓文/他 クトゥルーを喚ぶ声 創土社
02.28 円城塔 これはペンです 新潮文庫 

かなり寂しい印象のある2月の新刊。
東京創元社と早川書房の新刊は分からないけれどね。
予定になくても店頭で気に入ることも多々ありますので。
〈ロードス島戦記〉の復刊はこれで一段落かな。
引き続き〈ロードス島伝説〉や〈新ロードス島戦記〉もお願いしたいもの。
ライトノベル熱が高まっているのか,友野詳の新刊にも興味があります。
昔読んでいた作家さんの作品はやっぱり読みたくなってしまいますね。
『アンヌウヴンの大公』はマビノギオンを題材にした作品みたい。
それだけで心惹かれるくらいにはケルトは大好きであります。
posted by 森山 樹 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年01月05日

購入録(2014.01.05)

水野良 ロードス島戦記(4) 火竜山の魔竜(下) 角川スニーカー文庫 ¥651
水野良 ロードス島戦記(5) 王たちの聖戦 角川スニーカー文庫 ¥714

今年の初買いです。
先ずは〈ロードス島戦記〉の復刊版から。
表紙絵が実に美しいですね。
特に第5巻表紙のアシュラムとピロテースが素敵。
来月刊行の第6巻と第7巻の表紙はどうなるのかな。
スパークとニースはほぼ確定でしょうけれども。

〈2014年書籍購入覚書〉 計2冊 
posted by 森山 樹 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2013年12月読書記録

2013年12月に読んだ本は以下の通り。
田中芳樹『アルスラーン戦記(5)征馬孤影』
水野良『ロードス島戦記(2)炎の魔神』
宵野ゆめ『グイン・サーガ(132)サイロンの挽歌』
水野良『ロードス島戦記(3)火竜山の魔竜(上)』

12月の読書は先月に引き続き4冊。
師走ということで仕事が忙しかった為に読書出来ませんでした。
4冊のうち再読が3冊というのもちょっと困りもの。
年末の帰省の際もあまり本が読めませんでしたね。
再読の3冊は改めて読んでも面白さを感じました。
特に〈ロードス島戦記〉に予想外にはまっています。
展開を忘れていることもあって新鮮な気持ちで楽しんでいます。
〈アルスラーン戦記〉も面白いのですが,寧ろ早く新刊が読みたいもの。
2014年中には実現して欲しいところであります。
宵野ゆめによる〈グイン・サーガ正伝〉は順当に楽しい。
五代ゆうとの住み分けが気になるところですが,この調子を保って欲しいです。
しかし,ともに急展開から開始というのが目が離せません。
ある程度の定期的な刊行を期待しています。
 
2014年最初の読書は未だ終えていません。
予定通りなら〈修道女フィデルマ〉の最新巻からかな。
『おもいでエマノン』になる可能性も捨てきれませんけれども。
新刊では『サイモン・アークの事件簿(5)』が楽しみ。
『ビブリア古書堂の事件手帖(5)』も見逃せません。
〈ロードス島戦記〉の復刊も引き続き読んでいくつもり。
幸先の良い1年にすべく読書に勤しみたいものであります。
2013年の積み残し感想も書きながら読書を進めていきます。
積読本を少しでも減らすように頑張らないとなあ。
posted by 森山 樹 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

あけましておめでとうございます

新春のお慶びを申し上げます。
本年も“本読みの憂鬱”を宜しくお願いいたします。

いつの間にか本ブログも8年目に突入となりました。
読書量は減っていますが,読書は大切な営みのひとつ。
量よりも質を高めることで補って行きたいと思います。
勿論,読書量そのものの復活も至上命題ではありますけれども。

2013年の読書量は46冊でありました。
2012年よりも回復傾向にあるのは嬉しい。
2014年は最低50冊を目標に掲げたいと思います。
可能ならば100冊くらいは読みたいのですけれどね。

先ずは近日中に昨年の回顧と今年の抱負を書きたいと思います。
昨年の読書感想も順次掲載していく予定。
今年分の読書感想は基本的に即時掲載するつもりです。
暫くは同時並行で記事を掲載することになるでしょう。
素敵な本と出逢える一年であって欲しいと思います。
posted by 森山 樹 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知