2014年06月29日

購入録(2014.06.27)

峰守ひろかず 絶対城先輩の妖怪学講座(4) メディアワークス文庫 ¥659

購入したものの記録を忘れていました。
既に読了済です。
いつもながらの妖怪談義が面白い。
今回はかなり派手な展開となった印象があります。
次へと後を引く内容もあり,或る意味で転機となる巻かな。
早く更なる続きが読みたいものであります。

〈2014年書籍購入覚書〉 計75冊

posted by 森山 樹 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月24日

購入録(2014.06.23)

五代ゆう グイン・サーガ(133)魔聖の迷宮 ハヤカワ文庫JA ¥713
若竹七海 御子柴くんの甘味と捜査 中公文庫 ¥691
マーヴィン・ピーク タイタス・アウェイクス 創元推理文庫 ¥950

『魔聖の迷宮』は五代ゆう版〈グイン・サーガ〉の最新巻。
『見知らぬ明日』の直結の続きというのが実に嬉しい。
物語としては大変なことになっていますけれど。
宵野ゆめによる次巻『売国妃シルヴィア』は秋以降の刊行かあ。
栗本薫とは言わないまでも,もう少し刊行が早いと嬉しいな。
『御子柴くんの甘味と捜査』は『プレゼント』からのスピンオフ作品。
まだ読んでいないけれど,若竹七海の作品なので楽しみ。
『タイタス・アウェイクス』は〈ゴーメン・ガースト〉の第4巻。
というか,続きがあったんだなあ。
〈ゴーメン・ガースト〉の内容をほぼ忘れているの再読するのが吉かしら。

〈2014年書籍購入覚書〉 計74冊

posted by 森山 樹 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月13日

購入録(2014.06.13)

エヴァンジェリン・ウォルトン スィールの娘 創元推理文庫 ¥1,080
田中芳樹 アルスラーン戦記(6)風塵乱舞 光文社文庫 ¥691

『スィールの娘』は〈マビノギオン物語〉の第2作目。
〈マビノギオン〉は大好きな叙事詩なので早めに読みたいですね。
言葉ばかりでなかなか実行に移せないのだけども。
『風塵乱舞』は再刊されている〈アルスラーン戦記〉の第6巻。
第一部も本巻を含めて後2冊。
パルス解放への戦いが大詰めであります。
このあたりまでは本当に楽しかったのだよなあ。

〈2014年書籍購入覚書〉 計71冊

posted by 森山 樹 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月09日

購入録(2014.06.09)

レイニ・テイラー 星影の娘と真紅の帝国(上) ハヤカワ文庫FT ¥929
レイニ・テイラー 星影の娘と真紅の帝国(下)  ハヤカワ文庫FT ¥929

『煙と骨の魔法少女』の続篇。
題名に惹かれて購入してみました。
とは言え,異世界ファンタジィは最近苦手感を覚えるのですよね。
読むと面白いのは分かっているのだけどなあ。
或る種の嗜好の変化というべきなのかもしれません。
なるべく読みたいなと思っています。

〈2014年書籍購入覚書〉 計69冊

posted by 森山 樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入録

2014年06月08日

2014年7月書籍購入予定

07.02 高田崇史 神の時空 倭の水霊 講談社ノベルス
07.08 加藤実秋 モップガール(2) 小学館文庫
07.10 上田早夕里 妖怪探偵・百目(1) 光文社文庫
07.10 堀川アサコ 予言村の転校生 文春文庫
07.10 リー・バーデュゴ 魔法軍グリーシャ(1)太陽の召喚者 ハヤカワ文庫FT
07.22 メラニー・カード 落ちこぼれネクロマンサーと死せる美女 創元推理文庫
07.25 地図十行路 郷土文化会物語 メディアワークス文庫
07.25 紅玉いづき 妖怪飴屋の神隠し メディアワークス文庫
07.26 岩井志麻子/他 無名都市への扉 創土社
07.31 ケイディ・クロス 少女は時計仕掛けの首輪を填める 竹書房文庫

とりあえず〈神の時空〉の新刊は楽しみかなあ。
〈QED〉の方が遥かに面白かった気はするのだけれども。
歴史解釈だけで物語を組み立てて欲しいなあと思います。
他の要素は正直余計に感じてしまいますので。
後は上田早夕里の『妖怪探偵・百目』が楽しみ。
以前,短篇集で読んだ作品のシリーズ化でありましょう。
あの雰囲気は非常に好みであります。
『落ちこぼれネクロマンサーと死せる美女』は題名が魅力的。
ミステリィなのかファンタジィなのかは微妙なところです。
読書量を少しでも増やしていきたいもの。
お出かけする機会も多いので頑張りたいと思います。
posted by 森山 樹 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年06月03日

2014年5月読書記録

2014年5月に読んだ本は以下の通り。
田中芳樹『アルスラーン戦記(14)天鳴地動』
櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下』
ブライアン・ラムレイ『風神の邪教』

読了数は3冊。
もう少し読む筈だったのだけれど伸び悩みました。
大きな遠征がなかったのがその要因のひとつかな。
結局,外出の際の移動時間が一番読書が進むのですよね。
月末に一週間体調を崩したのも敗因でありましょう。
もう少し意識的に読書量を増やしたいところではあります。
『アルスラーン戦記(14)天鳴地動』は実に6年ぶりの新刊。
十六翼将が徐々にその数を減らしていくのは流石に辛い。
未だに蛇王ザッハークは完全再臨を果たしたわけではないですからね。
また,流浪のヒルメス王子の運命も再び急転。
彼の行く末も大いに気になるところであります。
現段階ではイルテリシュの方が目立っているような気さえしてしまいます。
続きを早期に読めることを願ってやみません。
『ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下』はまあいつも通り。
それなりに面白くはあるのだけれど,主人公が好きになれないのが痛い。
他は割と魅力的に感じるのですけれどね。
好みの作品ではあるので引き続き読み進めていきたいと思います。
『風神の邪教』は〈タイタス・クロウ・サーガ〉の一篇。
但し,タイタス・クロウの出番が全くないというのは意表を突かれました。
この物語が如何なる役割を担うのか楽しみではあります。
クトゥルフ神話の邪神に人間的な性格を付加するのは好みが分かれると思います。
個人的には“風に乗りて歩むもの”イタカの俗な描写は受け容れがたいなあ。
これはこれで興味深いものはあるのですけれどね。
此方も残すは2冊ということのようです。
早く続きが読みたいのは事実ではあります。
posted by 森山 樹 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録