2014年11月09日

2014年10月読書記録

2014年10月に読んだ本は以下の通り。
宵野ゆめ『グイン・サーガ(134)売国妃シルヴィア』
峰守ひろかず『絶対城先輩の妖怪学講座(5)』

10月に読んだ本は僅かに2冊。
相変わらず低調な状態が続いています。
『売国妃シルヴィア』は〈グイン・サーガ正伝〉の最新刊。
栗本薫によって予告された題名故に感慨深いものがあります。
ケイロニアを舞台とした凶事は尚も続く模様。
新たな登場人物が如何なる役目を担うのか楽しみです。
ケイロニアが一枚岩でなかったというのも新鮮な驚きがありました。
アキレウス皇帝の崩御も大きな出来事でありましょう。
『絶対城先輩の妖怪学講座』も相変わらず面白い。
今回の題材は河童ということになるのかな。
但し,今回はそれ程の意外性はありませんでした。
雪女や目目連が取り上げられているのは面白かったです。
次巻で第一部完という感じになりそうとのこと。
如何にまとめるのか楽しみにしたいと思います。

年内の更新はほぼ休止状態とするつもり。
月初めの定例記事以外は更新しないことになりそうです。
年明けからの平常運転を念頭に置いています。
場合によっては移転した上で新装開店となるかもしれません。
posted by 森山 樹 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録