2014年12月26日

移転のお知らせ

このたび思うところありまして,ブログを移転することにしました。
移転先→新装版本読みの憂鬱:http://bibliophile.sblo.jp/
それに伴い当ブログの更新を終了いたします。
これまでありがとうございました。
新たなブログでお楽しみいただきたいと思います。
宜しくお願いします。

なお,基本的には単なる移転であります。
よって,内容的には然程異なるものではありません。
より一層の内容の充実に努めていきたいと思います。
posted by 森山 樹 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年12月24日

2014年12月読書記録

2014年12月に読んだ本は以下の通り。
田中芳樹『アルスラーン戦記(7)王都奪還』
高田崇史『神の時空−貴船の沢鬼』

12月に読んだ本は2冊。
仕事と年末の準備で多忙を極めています。
のんびり読書をする時間を確保したいです。
そんな中で最低限の2冊を読了。
『王都奪還』は再読。
〈アルスラーン戦記〉第一部の最終巻でありました。
早く第二部の続きを読みたいものです。
『神の時空−貴船の沢鬼』は相変わらずの出来。
面白いには面白いのですが,いろいろもやもやします。
純然たる歴史講釈だけで十分なんだけどなあ。
貴船神社と鞍馬寺の来歴は興味深いものがありました。
近いうちに訪れたいと思います。
〈QED〉とのささやかな関係が示唆されたのは嬉しいですね。
やっぱり〈QED〉の方が好みなのは否めません。
posted by 森山 樹 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2014年12月04日

2015年1月書籍購入予定

01.05 京極夏彦『百鬼夜行 陽』 文春文庫
01.05 京極夏彦『百鬼夜行 陰』 文春文庫
01.05 志村有弘『日本怪異譚』 河出文庫
01.07 神林長平『ぼくらは都市を愛していた』 朝日文庫
01.10 タニス・リー『堕ちたる者の書 パラディスの秘録』 創元推理文庫
01.20 佐藤賢一『小説フランス革命(14)ジャコバン派の独裁』 集英社文庫
01.23 五代ゆう『グイン・サーガ(135)紅の凶星』 ハヤカワ文庫JA

割と少なめ。
〈グイン・サーガ〉の新刊は刊行が意外に早くて嬉しい。
栗本薫並みとはとても言えないけれど,1年に4冊くらいは出ないかな。
『百鬼夜行』は待望の文庫落ち。
講談社ノベルス版で半分くらいは読んでいるのですけれども。
〈妖怪〉シリーズの新刊も早く読みたいものであります。
待ち続けて最早何年が経つのでしょうか。
同じく待っている田中芳樹の〈タイタニア〉は既に脱稿したとのこと。
順調にいけば,2015年早々に完結することになりそうです。
楽しみでなりません。
その後は〈アルスラーン戦記〉を締めにかかって欲しいなあ。
何れにせよ,読者としては待つより他に道はありません。
posted by 森山 樹 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入予定

2014年12月01日

2014年11月読書記録

2014年11月に読んだ本は以下の通り。
森晶麿『黒猫の約束あるいは遡行未来』
若竹七海『さよならの手口』
笹本祐一『ARIEL SS 銀河篇』

11月に読んだ本は3冊。
多忙を極めた割には一応読書が進んだのは収穫かな。
今月も状況は然程変わりませんが,1冊でも多く読みたいものです。
『黒猫の約束あるいは遡行未来』は〈黒猫と付き人〉最新刊。
相変わらずの衒学趣味に溢れた端正なミステリィであります。
黒猫と付き人の距離感もたまらなく素敵。
傍から見ているのがもどかしくなってしまいます。
『さよならの手口』は〈葉村晶〉シリーズの久しぶりの新作。
取り巻く環境は変わっても変わらない葉村晶の格好よさが素晴らしい。
但し,人間の悪意をそれ程感じなかったように思いました。
時間はかかってもいいから,葉村晶作品はまた書いて欲しいものであります。
若竹七海作品はやっぱり大好きだなあということを実感します。
『ARIEL SS 銀河篇』は〈ARIEL〉の外伝短篇集。
ハウザー,ダイアナ,シンシアの過去の物語が描かれます。
本篇にも登場のアーレイ・スタッフォードが目立っているのが嬉しい。
幼き日のダイアナもシンシアも大層魅力的でありました。
そして士官学校時代のアバルト・ハウザーが素晴らしく格好いい。
有能な苦労性というのがたまらなく好みでなりません。
〈ARIEL〉の世界観を再び書き綴って欲しいものであります。
posted by 森山 樹 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録