2014年12月24日

2014年12月読書記録

2014年12月に読んだ本は以下の通り。
田中芳樹『アルスラーン戦記(7)王都奪還』
高田崇史『神の時空−貴船の沢鬼』

12月に読んだ本は2冊。
仕事と年末の準備で多忙を極めています。
のんびり読書をする時間を確保したいです。
そんな中で最低限の2冊を読了。
『王都奪還』は再読。
〈アルスラーン戦記〉第一部の最終巻でありました。
早く第二部の続きを読みたいものです。
『神の時空−貴船の沢鬼』は相変わらずの出来。
面白いには面白いのですが,いろいろもやもやします。
純然たる歴史講釈だけで十分なんだけどなあ。
貴船神社と鞍馬寺の来歴は興味深いものがありました。
近いうちに訪れたいと思います。
〈QED〉とのささやかな関係が示唆されたのは嬉しいですね。
やっぱり〈QED〉の方が好みなのは否めません。
posted by 森山 樹 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録