2014年09月14日

秋梨惟喬『矢澤潤二の微妙な陰謀』

〈2014年読書感想4冊目〉
秋梨惟喬『矢澤潤二の微妙な陰謀』


 オカルトを題材としたミステリィ短篇集です。題名にある矢澤潤二が必ずしも主人公ではないのが面白い。各篇の核心部分にいるのは事実なのですが,その存在の真意も目的も正体も不明なまま。煙に巻かれたようなもどかしい読後感が残ります。それがまた楽しいと言えば,それまでなのですけれども。個人的には所謂狭義のミステリィ小説とは言い切れないものを感じましたが,広義で言えばミステリィ小説に分類するしかないのかな。不思議な味わいに満ちた作品集であります。収録されているのは全部で6篇。超能力やUFO,埋蔵金伝説,風水といった胡乱な事象が好きな人間にとってはたまらない題材が扱われるのは嬉しい。明快な真相が提示される作品はひとつもありませんが,それが却って不思議な味わいを醸し出しています。どの作品も胡散臭いことこの上ないのですよね。特にお気に入りはUFOと宇宙人を扱った「コズミック・ラヴ作戦」と風水を扱った「ドラゴン・バスター作戦」のふたつ。どちらも容易に真相は見抜けるのですが,そこに至る過程が面白かった。真面目に読んでいると馬鹿らしさも感じてしまいますけれどね。肩の力を抜いて,軽い気持ちで法螺話を楽しめばいいと思います。読前に思っていたのとはやや方向性は違いましたが,それなりに楽しめる作品でありました。偶にはこのような作品に触れるのも悪くないものであります。

タグ:秋梨惟喬
posted by 森山 樹 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103614565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック