2009年08月04日

エディングスは終わらない

9月にハヤカワ文庫FTから『アルサラスの贖罪(1)黒猫の家』が刊行とのこと。
原題『The Redemption of Althalus』が邦訳開始されるようです。
デイヴィッド&リーのエディングス夫妻が亡くなっても,
残された数多の物語は永遠に名を刻む存在です。
まだ未訳の作品はあるので,それらの邦訳を心から待ちたいと思います。
posted by 森山 樹 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31062151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック