2013年01月09日

古書購入録(2013.01.09)

デイヴィッド・ピリー 患者の眼 文春文庫 ¥105

帰省の際に友人のお姉さんから進められた作品。
〈シャーロック・ホームズ〉パスティーシュにあたるのかな。
コナン・ドイルとジョゼフ・ベル博士が主人公に据えられます。
ジョゼフ・ベル博士はホームズのモデルともされる人物。
まさに〈シャーロック・ホームズ誕生秘史〉に相応しい作品かと思われます。
現段階では邦訳されていませんが,続巻も存在するみたい。
此方も期待したいものですが,時間が空いているから無理かもしれないなあ。

posted by 森山 樹 at 18:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 古書
この記事へのコメント
すすめておいて、面白かったという記憶しか残ってない困った奴なのだけど・・・w
シャーロック景気で盛り返して続きを出してくれないかなあ。
Posted by E at 2013年01月21日 22:24
買っただけでまだ読んでいません><
1巻だけで止るというのは辛いですねえ。

シャーロックのワトソン役の人がホビットのビルボらしいです。
ちょっと驚きました(余談)。
シャーロック見れていないんだけどなあ。
Posted by 森山 at 2013年01月23日 06:46
あらなんか前のコメントの名前まちがってる・・・スイマセン。
シャーロックは2話めよりは1話目のほうが個人的に楽しかった。3話目これからみますw
指輪物語のビルボとはキャスティングが違うんですねえ。今は外出してまでは見るのが難しいから映画館で見られないかもしれないけど、そのうち何とかしてみるんじゃないかなあ。
指輪物語は2回読んだけど、ホビットの冒険は1回しか読んでません。あ、でも指輪2回読むうちに復習は2回してるってことかw
Posted by EのつくAN at 2013年01月30日 21:25
「シャーロック」観たいですねえ。
DVD買うかなあ。

「ホビット」面白かったですよー。
どうせそのうちにディレクターカット版出るだろうから,その時でもいいかも。
美形で弓使いのドワーフ見れますvv
ホビットも指輪も再読したいなあ。
Posted by 森山 at 2013年02月01日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61339491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック