2013年07月01日

2013年6月読書記録

6月の読書は1冊のみ。
それも再読と言うところに救い難いものを感じます。
読書時間の確保が最優先課題でありますね。
外出が少なかったのも読書量低下の一因であります。
もう少し時間的及び精神的な余裕が欲しいものです。
『アルスラーン戦記(4)汗血公路』はやっぱり面白かった。
特にエステルの元気な姿が涙を誘います。
ギスカールやヒルメスが元気なのも嬉しいところ。
新刊の刊行は止まっていますが,早く続きを読みたいものです。
今後は登場人物が減る方向に向かうので精神的にはきつそうですが。
二十数年ぶりの〈タイタニア〉最新巻も一応は期待しています。

7月は更に仕事が忙しくなる予定。
ただ,外出時間も意識的に増やすので読書量は増やしたいと思います。
流石にこの体たらくを続けるのは本読みとしては問題があります。
一冊でも二冊でも多く読書に勤しみたいものであります。
期待の新刊は現時点では特になし。
畠中恵『若様組まいる』はそれなりに早く取り掛かることになりそうですが。
タニス・リーの新刊も暫くは積んだままになるだろうしなあ。
読みたい本はたくさんあるので少しずつ取り組んでいきたいものであります。
積読本が多過ぎて何処から手をつけていいのか皆目見当がつきませんので。
posted by 森山 樹 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70274170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック