2013年08月03日

2013年7月読書記録

2013年7月に読んだ本は以下の通り。
京極夏彦『巷説百物語』
畠中恵『若様組まいる』
京極夏彦『続巷説百物語』
京極夏彦『後巷説百物語』

7月の読書は4冊。
やや復帰傾向にあるかなといった印象があります。
夏ということで意識的に〈巷説百物語〉を読んでみました。
このシリーズは今回が初読となりますが,こんなに面白いと思わなかった。
もっと早く読書するべきだったかなあと反省しております。
個人的には連作といった趣が強い『続巷説百物語』が一押しかなあ。
『後巷説百物語』も捨て難いものを感じるのですけれど。
語り手たる百介の物語はこの『後巷説百物語』で終わりの模様。
又市やおぎんら人物が魅力的なので,残す2作も早めに読みたいものです。
幸い既刊分は全て文庫化されていますしね。
『若様組まいる』は『アイスクリン強し』の姉妹作。
良くも悪くも畠中恵らしい作品だなあと思いました。
充分に楽しむことは出来るのだけれどね。

8月は7月以上に読書を進めたいところ。
仕事は多忙ですが,お出かけする機会も増えそうです。
新刊ではそれ程そそられるものがないのが残念。
小説以外では『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』は楽しみだけどね。
歴史ミステリィがそれなりに出るので優先的に読むかもしれません。
集英社文庫から復刊の〈インディゴの夜〉もいい加減に再読したいところ。
溜まりつつある〈Cthulhu Mythos Files〉も読まねばなあ。
あんまりアンソロジーって好きではなかったりするのだけれど。
本の感想も滞りがちなので,何とかしたいところではあります。
先ずは読書を進めることを優先しますけれどね。
仕事に感けずに趣味に邁進できる一か月でありたいものです。
posted by 森山 樹 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71713132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック