2007年07月24日

読みたい本

山之口洋 天平冥所図会 文藝春秋社

これは面白そう。
天平時代を舞台にとした歴史ファンタジーとのことです。
……って,主人公は葛木連戸主と和気広虫かよ!
何となく畠中恵や森福都の作品と似た印象です。
単行本で購入してみてもいいかも。
『われはフランソワ』も面白かったしな。
posted by 森山 樹 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

覚書

地元に帰省していました。
仕事をしていないと読書が進みます。

帰省中に読んだ本の覚書。

田中芳樹 月蝕島の魔物
ポール・ドハティ 毒杯の囀り
野尻抱介 アンクスの海賊
エリス・ピーターズ 悪魔の見習い修道士

意図してなかったけど英国を舞台の作品が多いですね。
クリストファー・プリースト『奇術師』を含めて感想は後日。
posted by 森山 樹 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年04月09日

読みたい本

R2onさんのとこで紹介のあった本。

ロレンス・ダレル アレクサンドリア四重奏 1 ジュスティーヌ 河出書房新社 ¥2,400

勿論その存在だけは知っていたけれど,
「世界で最も美しい小説」とまで評されては読まないわけにはいかない。

現在読書中は笠井潔『薔薇の女』。
再読ですが,楽しんでいます。
posted by 森山 樹 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年03月13日

読みたい本

古典・叙事詩好きのクセに読んだことがないのが『マビノギオン』。
ケルト好きなら避けて通ることが出来ません。
というわけで読もうと思ったら入手しやすい邦訳が2種あるのね。
どちらで読もうかしら。
いやまあ,本当なら両方とも読んだ方がいいんだろうけど。

マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集
マビノギオン―ケルト神話物語 シャーロット・ゲスト版

とりあえずは手元不如意につき待ちの姿勢。
e-hon見てると在庫はありそうなので,そのうち買おうと思っています。
posted by 森山 樹 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 覚書

2007年02月26日

読みたい本

各所ブログ様で評判がいい本を幾つか。
読むのは先になりそうだけど,早川・創元は直ぐに店頭から消えちゃうからな。

ジェフリー・フォード『ガラスのなかの少女』 ハヤカワ文庫HM
ジョン・スコルジー『老人と宇宙』 ハヤカワ文庫SF
堀晃『バビロニア・ウェーブ』 創元SF文庫

極力,文芸作品は購入を控えたいと思っているんだけど,
ここら辺の本は市内の図書館では多分入れてくれません。
やっぱり,買っておくべきかな。

現在読書中は青土社から刊行の『エジプト神話』。
posted by 森山 樹 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年02月14日

読みたい本

残業生活中につき読書活動が停滞しています。
読みたい本ばかり増えていくのが困りもの。
読みたい本が多いというのは幸せな状況のはずなのですけれども。

川端裕人『星と半月の海』 講談社

動物と人との関わりを描いた短編集とのこと。
川端裕人の作品は自分の嗜好を的確についてきます。
興味のある分野が似通っているんでしょうね。
というわけで,きっと楽しめるはず。

高野史緒『架空の王国』は序章を読んだとこで寝落ち。
このまま図書館に返却して,Amazonで購入しようかな。
欧州にある架空の王国という設定が激しくツボなのです。
posted by 森山 樹 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年02月13日

読みたい本

下で書いたスーザン・クーパーを探してて目に止まった本。

シーバリー・クイン『グランダンの怪奇事件簿』 論創社

オカルト探偵ものの短編集というのが面白そうです。
ウィアード・テイルズ系作家とのことで内容は推して計るべし,かな。
今日はとりあえず買わずに帰りましたが,誘惑に抗うことは出来るのでしょうか。

ちなみにスーザン・クーパーは《闇の戦い》の方は発見しました。
出来れば『コーンウォールの聖杯』から読みたいので保留中。
買えるときに買わないと直ぐに店頭から姿を消しちゃいそうだけどね。
posted by 森山 樹 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

読みたい本

スーザン・クーパー『コーンウォールの聖杯』 学習研究社

コーンウォールとか聖杯とか蠱惑的な響き。
アーサー王伝説ものには弱いのです。
更に《闇の戦い》4部作へと続くみたい。
手に入れば読みたい所存。

現在読書中は高野史緒『架空の王国』。
ブッキングからの再刊版です。
まだ,Amazonでは在庫があるみたい。
いっそのこと買ってしまった方がよいのかしら。
posted by 森山 樹 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年02月01日

読みたい本

L.M.ビジョルド『チャリオンの影』の評判がめちゃめちゃいいですね。
異世界ファンタジーって最近いささか苦手にしている分野ではあるんだけど,
それでもやっぱり面白いとあらば関心も出てきます。
創元文庫なのであるときに買っておかないと,
読みたいときに入手出来ない可能性も大。
とりあえず見かけたら買うことにしましょう。

……こうして,積読って増えていくんだよね……。
posted by 森山 樹 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書

2007年01月24日

読みたい本

山之口洋『われはフランソワ』 新潮社

フランソワ・ヴィヨンを主人公に据えたピカレスクロマンということで。
中世フランスを舞台にしていると言うだけで読むこと必至です。
問題は品切れ中で文庫化もまだということ。
これはやっぱり図書館さんを利用する必要がありますね。
ちなみに日本ファンタジーノベル大賞の受賞作家みたいですね。
やはりこの賞の受賞作家とは相性がいいみたい。
posted by 森山 樹 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書